Angular 関連メモ

Angular CLI を利用した、プロジェクトへの各種機能の追加

コンポーネントの生成
D:\dev\angular\app1\src\app>ng g c comp1
→ コンポーネントは、app.component.html にタグとして定義して、画面に埋め込む。
app フォルダ配下でコマンドを実施する点は注意。

サービスの生成
ng g s service1

コメント

このブログの人気の投稿

PHP クリックされたボタンに応じて処理を実行する

JavaScript Date(日付) データを yyyy/MM/dd 形式にフォーマットする

jQuery ページ初期表示時に処理を実行