ConfigurationManager クラスを使ってデータベース接続文字列を取得する

ConfigurationManager クラスを利用することで Web.config に定義されているデータベースへの接続文字列(ConnectionStrings)を取得することができます。

下記例では「ConnectionString1」という名前で登録されている接続文字列を C# コード側で取得しています。

Web.config
<configuration>
    <connectionStrings>
        <add name="ConnectionString1"
            connectionString="Data Source=(LocalDB)\v11.0;AttachDbFilename=|DataDirectory|\MyDB1.mdf;Integrated Security=True"
            providerName="System.Data.SqlClient" />
    </connectionStrings>
    <system.web>
    ...
</configuration>

C# コード
// 接続文字列を指定してデータベースを指定
string ConnectionStr = 
    ConfigurationManager.ConnectionStrings["ConnectionString1"].ConnectionString;

SqlConnection conn =
    new SqlConnection(ConnectionStr);

リンク:
ConfigurationManager.ConnectionStrings プロパティ
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/system.configuration.configurationmanager.connectionstrings(v=vs.110).aspx

コメント

このブログの人気の投稿

PHP クリックされたボタンに応じて処理を実行する

JavaScript Date(日付) データを yyyy/MM/dd 形式にフォーマットする

jQuery ページ初期表示時に処理を実行