WPF 添付プロパティ(Attached Property)の実装方法

WPF でクラスインスタンスを利用する際に、クラスに対して直接プロパティを追加できないが、任意のプロパティを追加して利用したい状況があるかと思います。そのような場合、添付プロパティ(Attached Property)を利用することができます。


MainWindow.xaml.cs

コードビハインドで「propa」と入力してスニペットを挿入します。その後、適宜名前やメタデータを変更していきます。

public partial class MainWindow : Window
{
    public MainWindow()
    {
        InitializeComponent();
    }

    public static double GetRecord(DependencyObject obj)
    {
        return (double)obj.GetValue(RecordProperty);
    }

    public static void SetRecord(DependencyObject obj, double value)
    {
        obj.SetValue(RecordProperty, value);
    }

    // Using a DependencyProperty as the backing store for Record.  This enables animation, styling, binding, etc...
    public static readonly DependencyProperty RecordProperty =
        DependencyProperty.RegisterAttached("Record",
            typeof(double),
            typeof(MainWindow), 
            new FrameworkPropertyMetadata(0.0)
            );

    private void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
    {
        var btn = sender as Button;
        Debug.WriteLine(btn.GetValue(RecordProperty));
    }
}



MainWindow.xaml

追加した Record 添付プロパティに、double 値を設定します。

<Window x:Class="AttachedPropertyDemo.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
        xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
        xmlns:local="clr-namespace:AttachedPropertyDemo"
        mc:Ignorable="d"
        Title="MainWindow" Height="350" Width="525">
    <Grid>
        <Button 
            Content="abc"
            Height="30"
            Width="200"
            local:MainWindow.Record="3.0"
            Click="Button_Click"/>
    </Grid>
</Window>

関連情報:
WPF 依存関係プロパティ
http://kainobi2.blogspot.jp/2016/11/wpf.html

コメント

このブログの人気の投稿

PHP クリックされたボタンに応じて処理を実行する

JavaScript Date(日付) データを yyyy/MM/dd 形式にフォーマットする

jQuery ページ初期表示時に処理を実行