C# using ステートメントを利用したリソースの読み込みと開放の例

using ステートメントを利用することで読み込むリソースを必ず開放してくれます。using ステートメントで読み込むオブジェクトは、IDisposable インターフェイスを実装している必要があります。

private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
    var file1 = new FileInfo("TextFile1.txt");
    using(var streamReader = file1.OpenText())
    {
        string textLine;
        while ((textLine = streamReader.ReadLine()) != null)
        {
            System.Diagnostics.Debug.WriteLine(textLine);
        }
    }
}

オブジェクトが IDisposable インターフェイスを実装していないと、ビルドエラーになります。





リンク:
C# プログラミング

コメント

このブログの人気の投稿

PHP クリックされたボタンに応じて処理を実行する

JavaScript Date(日付) データを yyyy/MM/dd 形式にフォーマットする

jQuery ページ初期表示時に処理を実行