WPF DataTrigger 実装例

WPF DataTrigger の実装例です。

CheckBob のチェック状態(IsChecked プロパティ)の値に応じて、Label のプロパティを変更しています。XAML 上に動的な処理を実装することができて便利です。

<CheckBox x:Name="checkBox" Content="CheckBox" VerticalAlignment="Top"/>
<TextBlock x:Name="label" Margin="0,30,0,0" VerticalAlignment="Top" >
    <TextBlock.Style>
        <Style TargetType="TextBlock">
            <Setter Property="Text" Value="label"/>
            <Style.Triggers>
                <DataTrigger Binding="{Binding ElementName=checkBox, Path=IsChecked}"
                             Value="True">
                    <Setter Property="Text" Value="チェックされました"/>
                    <Setter Property="Foreground" Value="Red"/>
                </DataTrigger>
            </Style.Triggers>
        </Style>
    </TextBlock.Style>
</TextBlock>


関連情報:

WPF Trigger 実装例
http://kainobi2.blogspot.jp/2017/11/wpf-trigger.html

コメント

このブログの人気の投稿

PHP クリックされたボタンに応じて処理を実行する

JavaScript Date(日付) データを yyyy/MM/dd 形式にフォーマットする

jQuery ページ初期表示時に処理を実行