HTTP ステータスコードの分類

HTTP ステータスコードの分類です。

ステータスコード意味
1xx処理は継続中である状態。サーバーからの一時的(暫定的)なレスポンス。
2xxクライアントのリクエストを、サーバーが受信に成功した状態。
3xxリクエストしたリソースは他の位置にある状態。リダイレクトを実施してリソースにアクセスする。
4xxクライアントが送るリクエストの内容に誤りがある状態。
5xxサーバーに何らかの問題がある状態。リクエストを処理する機能が無い場合や、メンテナンス等によりリクエストに対応できないなど。

基本的にはステータスコードの先頭1桁と、その意味を把握しておき、詳細は別途調べるというスタイルで大丈夫かと思います。

参考:
Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Semantics and Content
https://tools.ietf.org/html/rfc7231

リンク:
情報工学・情報処理技術
http://kainobi2.blogspot.jp/p/blog-page_13.html

コメント

このブログの人気の投稿

PHP クリックされたボタンに応じて処理を実行する

JavaScript Date(日付) データを yyyy/MM/dd 形式にフォーマットする

jQuery ページ初期表示時に処理を実行